1.生豆の品質

生豆
当店は自家焙煎をしていますので、どのような生豆を仕入れるかも吟味します。
生豆は、豆の大きさ(スクリーン)や一定量に含まれる欠点豆の数などによって格付けがなされています(基準は生産国により異なります)。またさらに有機栽培やフェアトレードなどの認証プログラム、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が定義するスペシャルティ珈琲などそれぞれの基準による付加価値が付けられるものもあります。
当店ではそうした数ある珈琲豆の中でも、中南米・アジア(その他の地域も時折仕入れていますが)のアラビカ種、中でも良質なスペシャルティやプレミアムクラスのものに限定してサンプルを吟味し厳選。小さな店なので品数は少ないですが、安心して美味しくお飲みいただける珈琲豆を仕入れています。

生豆保管場所 【生豆保管場所】保管にも気を配っています。

 

2.2度のハンドピック

ハンドピックとは、味の欠点につながる豆(虫食いや未成熟豆など)や異物(石など)を取り除く作業のことです。
上位規格の生豆にも、量の差はあれ欠点豆は入っていて、ハンドピックをするとしないではやはり味に違いが出てきます。手作業で大変手間はかかりますが、美味しい珈琲を楽しんでいただくために欠かせない作業です。
当店では焙煎前の生豆をまずハンドピックし、焙煎後にももう一度チェック。雑味がなく香り高い珈琲を楽しんでいただくために丁寧な作業を心掛けています。

欠点豆
【欠点豆】たまに、石や乾燥したコーンなんかも混じっています・・・

 

3.受注後焙煎

焙煎豆
国にはたくさんの珈琲豆屋さんがあり、最近は自家焙煎のお店も増えています。
お近くにお気に入りの店があって、こまめに買いに行ける環境であれば、きっと新鮮なコーヒーを気軽に楽しめることでしょう。そんな中、ネットでのご購入を検討されるお客様のことを考えると、受注後焙煎という鮮度に関するお約束は外せないと感じます。
新鮮で香り高いコーヒーをいつでもどこでも気軽に楽しんでいただくために・・・香珈房は、ご注文を受けてから焙煎した新鮮な珈琲豆をお客様にお届けします。