■レギュラーコーヒーの保存方法について
焙煎後のコーヒー豆は、湿気・酸素・紫外線・温度によって徐々に味や香りが変わっていきます。豆を挽いてしまいますと空気に触れる面積が格段に増えるので、香りが抜けるスピードも速くなります。冷凍庫や冷蔵庫で保管することにより、この変化を遅らせることができます。ただ、一度冷凍庫に入れたコーヒーについては、結露しないよう常温に戻してから使用するなど工夫してご使用ください。
また、コーヒーには脱臭効果があり他の物のにおいを吸着しやすいですので、開封後は袋の口をしっかり閉じるか、密封容器などに入れて保管されることをお勧めします。(当店の袋は防湿に優れた多層フィルム構造でチャックも付いていますので保存にも適しています。開封後もできるだけ空気を抜いてしっかりチャックをしていただければ、そのまま冷凍・冷蔵していただくことができます。)
保存に適した袋珈琲キャニスター

■賞味期限について
珈琲豆は、保存状態が悪く吸湿してカビが生えるというようなことがなければ、半年、一年経ったものでも飲めないことはないのですが、焙煎直後から徐々に香りが抜け風味が変わっていきます。賞味期限という意味では、飲む人がその変化をどこまで許せるかによって変わってくるともいえます。
お買い上げ後、高い風味で味わっていただける目安としては・・・
豆のまま・・・常温で1〜2週間、冷凍で1ヶ月以上
挽いた場合・・・常温で2,3日、冷凍で2週間程度
季節や保存場所にもよりますが、上記を参考にしていただければと思います。